2038053-200 earth.png

​技能実習生/特定技能/エンジニア

送り出し機関

​私たちの強み

​徹底的な会話力

1

言語には 読む/話す/聞く などの要素があります。

その中でも私たちが最も重要視しているものは 「会話力」です。 特に日本語には ひらがな・カタカナ・漢字 という恐ろしいほどたくさんの文字が存在し、日本人の私たちでさえ漢字の読み書きには頭を悩ませます。​外国人にとっては一番の敵であることは間違いありません。

私たちの学校では、文字の読み書きを重要視していません。その代わり、カリキュラムの半分以上を会話にしています。

​徹底した会話の授業を行うことで、日本人と対等に「話す」ことができる人材を育成しております。

活きた日本語を学び、使いこなすためには日本人が必要不可欠です。

​私たちの学校も日本人が毎日指導に入り、会話の練習を行っています。

​失踪しない環境作り

2

会話力の向上に力をいれることで、日本での生活環境に困らず、ストレスなどを軽減させることができます。自分の言葉で意思疎通を図ることのできる能力を持つことが失踪の軽減に繋がっています。

 

日本に本社があり、常に日本とカンボジア間での連携をしています。

実習生からの連絡や相談はもちろん、アフターケアも直接行うことが出来ます。

実習生の帰国後、様々な職種の範囲で就職先の紹介が出来ます。もともとの技能実習制度の理念に基づき、帰国者の活躍やケアに力を入れております。

​私たちの学校から日本へ行く実習生は安心して日本へ行くことが出来るのも魅力の一つです。

​孤児院との連携

3

カンボジアには、まだまだ孤児が多く、孤児院が数多くあるのも事実です。

教育環境は正直言って最悪ですが、よく言えば伸びしろしかありません。

今後の経済、教育制度の発展は確実と言っていいでしょう。

そんなカンボジアでは「孤児からの教育」を確立させていきたいと思っております。

通常、技能実習生は早くて18歳から日本語学校へ入り、日本語を学び、日本へ行きます。

その期間は6か月程度です。ですが、孤児からの教育となれば、10年間も教育を受けることが出来ます。お金や食べものを直接与えるのも支援かもしれませんが、これからは、教育を提供し、彼らの自立するする力を伸ばす、将来の仕事を見つける支援が求められます。

​送り出し可能制度

建設労働者

​技能実習生

最長5年間滞在可能

81職種145作業

原則転職不可

​監理団体の仲介

ガス工場の労働者

​エンジニア

工学や自然科学などの専門的な知識や技術

3か月・1年・3年・5年

​在留期間

講演会で笑顔学生

​留学

日本語学校との連携

奨学金制度

手のぬくもり

​特定技能

​通年5年間在留期間

技術、日本語能力試験あり

​登録支援機関の仲介

仕事の相談

​一般就労

5年更新で生涯滞在可能

大卒・N2以上

​退職から3か月以内転職可能

​送り出し認可

​私たちは KOBE Human Service (CAMBODIA) Co., Ltd として送り出し業務を行っております。

ライセンスKOBE.jpg